プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

最近年よりも若く言われるようになってきた、ちょうど三十路の居酒屋店長です!

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 夏やさ~い | メイン | ももとさくらんぼ »

2009年6月25日 (木)

宮崎からただいま

こんにちわ店長の菅です。えー22、23日と宮崎へ焼酎の蔵見学へ行ってまいりました。

まずは1日目、宮崎市内から車rvcarで1時間ぐらいの高鍋町というとこに中々とか百年の孤独で

有名な黒木本店を見学させてもらいました。

製麹、1次仕込、2次仕込の工程を細かく説明していただきました麹室で白衣をきる自分confident

温度管理をしながら醗酵していきます。

アルコールができるまえの焼酎の原型を飲ませてもらいました。「すっぱすぎるbearing

ここで蒸留したあとの焼酎の成分をチェックするそうです。

酒税法上焼酎は45度未満となっていてそれ以上は販売できないそうですが、70度ちょっとある

麦の原酒を試飲しました。一口目味よりもパンチpunchのあるアルコールにやられましたが、工場長の

二口目は印象が変わると言われ、二口目にチャレンジ。まるで別物の焼酎みたいに変化annoyしてました。

アルコールよりも口の中から溢れ出来そうな麦の薫りは25度の焼酎では味わうことのできない味、

感動しました。

ほかにも熟成30年の百年の孤独shineもあり、飲みたかったんですがさすがにそれは無理で・・・。

商品化も酒税法上無理だということで非常にもったいないかぎりで
百年の孤独が眠る蔵

世の中いろいろしがらみがありますねcoldsweats02焼酎も例外ではないようです。もちろん僕らも。

明日はこのつづきを。そして今日のアポロは夏の京都の味満載で営業しますgoodbleah

いや~それにしても東国原さんえらいことになってますよね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/569531/28699787

宮崎からただいまを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

Apollo PLUS のサービス一覧

Apollo PLUS
  • TEL050-3463-1174